アバナフィル

アバナフィル通販/即効性に優れたED治療薬です

アバナフィル通販

日本では「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」に比べて知名度があまり高くありませんが、四番目のED治療薬として注目されているのが、「アバナフィル」(商品名ステンドラ)なんです。

 

アメリカでは、2012年4月にFDA(米国食品医薬品局)の認可を受けています。

 

アバナフィルも、他のED治療薬と同じく「PDE5阻害薬」のジャンルに属します。

 

効果については即効性の高さが特徴です。

 

 

「レビトラ」は即効性に特徴があり、服用後早い人で15分後には効果を実感できると言われていますが、「アバナフィル」も「レビトラ」と同等かそれ以上の即効性があると言われているんですね。

 

また、食事の影響を受けないため、食事をしてから服用しても効果に影響はないと言われていますが、実際は空腹時に服用する事が、効果を最大限発揮させる方法なんです。

 

「アバナフィル」には誕生のエピソードがあって、当初は日本の田辺製薬が開発を始めましたが、なぜか2001年にアメリカの「ヴィヴィス社」に開発販売権を譲ってしまった経過があるんです。

 

なので、「アバナフィル」(商品名ステンドラ)には日本の研究開発のノウハウが多少は入っているという事になるんです。

 

気になる副作用については、「バイアグラ」等と同じような「顔の火照り」「頭痛」「動悸」などがありますが、重篤なものではないという事です。

 

併用禁忌薬は、他の「PDE5阻害」と同じようにニトログリセリンなどの「硝酸剤」ですが、それ以外に、一部の抗生剤 も併用禁忌となっています。

 

ED治療薬の選択肢がさらに広がった事になりますが、自分のライフスタイルに合った薬を選ぶ事がますます大切になってきそうですね。

 

「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」に次ぐ第4のED治療薬アバナフィルをもっと詳しく知りたい方はこちらをご覧ください

アバナフィル通販・ネット通販

「アバナフィル」(商品名ステンドラ)は、先発の「バイアグラ」「レビトラ」「シアリス」のような知名度が無いため、購入する人がまだまだ少ないと思います。

 

クリニックにおいても、医師が「アバナフィル」(商品名ステンドラ)を処方する事はあまりないようですね。

 

それでも、「アバナフィル」(商品名ステンドラ)を試してみたいと言う人は、インターネットの通信販売で購入する事が可能なんです。

 

平成24年の調査によると、インターネット利用者数は、平成23年末より42万人増加して9,652万人(前年比0.4%増)、人口普及率は79.5%(前年差0.4ポイント増)となったとの事です。

 

 

また、端末別インターネット利用状況をみると、「自宅のパソコン」が59.5%と最も多く、次いで「携帯電話」(42.8%)、「自宅以外のパソコン」(34.1%)となっており、スマートフォンは31.4%となっているそうなんですね。

 

そのうち、インターネットの利用目的については、家庭内からの利用は、「電子メールの送受信」が69.9%と最も多く、次いで、「商品・サービスの購入・取引」(57.2%)、「動画投稿・共有サイトの利用」(48.4%)となっていて、ネットから物品を購入する人は毎年増加する傾向にあります。

 

「アバナフィル」などのED治療薬などは、直接病院や薬局のスタッフに顔を合わせる事もないので、特にネットを利用する人が多いんです。

 

「インターネットで薬を買ってもいいの?」と思われる人がいるかもしれませんが、個人輸入と言う方法を使えばネットから簡単に医薬品を購入することが出来るんです。

 

個人輸入について

 

インターネット通販を利用して簡単に購入できる第4のED治療薬アバナフィルをもっと詳しく知りたい方はこちらからお入りください

 

アバナフィル・PDE5阻害薬

「ステンドラ」の成分である「アバナフィル」は、バイアグラの「シルデナフィル」、レビトラの「バルデナフィル」、シアリスの「タダラフィル」と同じPDE5阻害薬に分類されています。

 

PDEとはホスホジエステラーゼ(PhosphoDiestErase)の略です。

 

PDE5は、ペニスの中に多く含まれる物質で、細胞内のセカンドメッセンジャーであるサイクリックGMP(cGMP)と言う酵素を分解する働きを持っているんです。

 

このcGMPは、勃起には無くてはならない物質で、陰茎海綿体平滑筋に多くみられる一酸化窒素の細胞内のメッセンジャー分子で、 cGMPが増加する事によって血管拡張物質である一酸化窒素の効果を増大させて、 陰茎海綿体平滑筋を弛緩拡張させて、勃起の最初のアクションである海綿体への動脈からの血液流入増加を発生させて、 ペニスの勃起を促すんですね。

 

このcGMPの働きを邪魔してしまうPDE5を機能させないようにするのが「PDE5阻害剤」である「アバナフィル」などのED治療薬なんです。

 

1998年に「バイアグラ」が発売されてから、それ以前にEDに対して効果のある薬が無かった状況が一変しました。

 

最初は「バイアグラを飲んでセックスをすると心臓発作で死んでしまう」などと言う根拠のない噂が広まった時期もありましたが、現在は安全で副作用の少ない薬と言う事が定着しました。

 

「アバナフィル」を含めたED治療薬4種類は、今や世界中のEDで悩む男性を救っていると言っても過言ではありません。

 

PDE5阻害薬アバナフィルをもっと詳しく知りたい方はこちらを参考にして下さい


ホーム RSS購読 サイトマップ